CDプレスの種類

CDプレスを依頼する上で、さまざまな選択肢があると思います。
それにCDプレスをする工場も選ぶことができるのです。
それは海外工場と国内工場でもでき、海外で作るCDと国内で作るCDでも、製品の質の違いはないみたいです。
CDプレスで作られたCDは高品質であることに間違いありません。
違うのは価格とCDに付けられる原産国表記、そして納期の長さになります。
CDプレスを海外で行う場合、「Made in 国名」という形で原産国の表記がされ、国内工場で行う場合だと原産国表記は「Made in Japan」になります。 生産する国によっては不良品もあるみたいなので、安心できる国の特にISO9002を取得している工場を選ぶことをおすすめします。
ISO9002は常に一定の品質を保って製品を作っていることを表す国際品質保証規格です。
この規格を取得している海外工場なら国内の工場の品質と変わらない品質を求めることができます。
価格については枚数によって初期費用が掛からないこともあり、レーベル代が無料といった場合もあります。
大量に安くCDプレスを依頼したいときは海外でのCDプレスを選択した方が費用が掛からなくて済むと思います。
しかし、国内工場とは異なり、海外の場合は通関作業に時間が掛かってしまうので納期が長くなってしまいます。

低コストの海外工場にCDプレスを望む場合は納期に余裕をもって注文した方が良いと思われます。
国内生産する場合は、初期費用やレーベル代のコストが掛かりますが、海外生産とは違って、通関などで時間を取られることがないので、納期を短くすることができるので、急いで製作したい場合は国内工場での注文が良いと思います。
また、国内工場の中でも音楽関係の著作権を管理する社団法人の認定工場で製作した方が良い場合もあります。
例えば、結婚式の写真にお気に入りの曲をバックに流すようなCDが作りたい場合、その曲の著作権をその社団法人が管理していれば、社団法人の許諾シールを別料金支払って添付する必要があるのですが、社団法人認定の工場であれば許諾シールを貼る必要がなく、美しい音楽をつけたCDをコーディネイトしたい時に社団法人の認定工場の方がコストが安価になるのでそういった工場を選ぶようにしましょう。
また、自分で作詞作曲をした曲をCDプレスするの場合は問題ありません。
CDプレスを請け負っている会社によって、国内・海外のどちらの工場で製作しているのか最初から公表していない会社もあるので、データ管理も含めて、どんな工場でCDプレスが行われているのか、きちんと調べて依頼するようにしましょう。


Valuable information

Last update:2014/11/5