CDプレスの利用法

CDプレスは質の良いCDを大量に作製することができますが、いったいどのようなデータを記録させることができるのかというと主に3つあります。
音・文字・写真のデータを記録することができます。
  CDプレスの音は「音楽」と「音声」のことを示し、例えばアマチュアバンドなどが出している自主制作CDは、このCDプレスを使用して作られることが多いみたいです。中にはオリジナルデザインのラベルを作成して、ラベルとして印刷している人もいるようです。オリジナルラベルの印刷でCDによりオリジナル感を出しましょう。
CDプレスを行うと安価で互換性に優れたCDを作ることができるのです。
また、講演会などで話した内容を録音して参加者に後日配布するときもCDプレスで作製したCDの方が良い効果があります。
CDプレスで残す文字は企業によって、自社商品のセールスに紙などの印刷物ではなくCDを配布する企業も増えてきているみたいで、紙よりもCDの方が紛失されることが少なく、それにパソコンが普及していることもあってCDを使用しているようです。
企業によって使用しているオーディオプレーヤーやパソコンは異なってくるので、CDプレスで製作したCDの方がプレーヤーを選ばずに再生することができ、色々な企業に商品アピールをすることができるのであります。
CDプレスは意外に身近な場所でも見ることができ、最近では街頭で配られている無料情報誌にCDがついていることがあります。
そういった大量に配られるCDを作成するには、CDプレスが向いており、安価で大量に製作することがCDプレスの大きな特長といってもいいです。

無料情報誌のCDには音楽や文字が入っているものもありますが、女性向けの情報誌では洋服などのファッション系の写真が含まれている場合が多いようです。
印刷物とは異なり、色が変わることなくより鮮明な写真を残せることができるので、CDプレスはカラーをちゃんと見せる洋服や装飾品などを伝えるのに適していると思います。
CDプレスでできることは、音・文字・写真を組み合わせることによって無限に広がると思います。
安価に大量製作するため、宣伝媒体としての価値も高く、パソコンも普及し、CDを気軽に読み取ることができるようになったので、CDプレスの活用は企業が利用すべき重要なアピール方法だと思います。

 

AudioLASERフリー版

WAV/OGG/WMA/MP3形式からダイレクトでのCD書込み(リアルタイムデコード・形式変換・サンプリングレート自動変換)が可能で、各曲のバラバラな音量を自動で一定化することも可能なので、異なるファイルや音楽CDから新しく音楽CDを作成する場合は、各曲の音量がバラバラで曲ごとに音が大きかったり・小さかったりすることを防ぐ機能がついています。
CD書込み容量のグラフィカル表示があり、対象CDの書き込み容量と各トラックの書込みサイズ書込み順などが帯グラフ形式でグラフィカルに表示することができます。 既存の音楽CDのリッピング機能、WAVファイルとして書込み再利用などが可能で、Ver1.00以降は読み取り性能が向上し、"CDExtra,トラック情報が壊れている"などといった特殊な音楽CDの読込みが可能となったソフトであります。
しかし、シェアウェア版のものと差別化するために、CDへの書込み可能時間が50分までと制限さています。


Favorite

最終更新日:2017/1/25